キディトレイン 年長用 終了 の感想

3 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年中ですが、キディトレインの年長用をやり終えました。
ほぼ週に1教材のペースでしたので、40教材を10カ月で終了。

キディトレインは、
ギルフォード理論に基づいて制作された本格的な幼児知能教育教材で、
ギルフォードの知能構造論・・・とか、なにやらすごく難しそうなのですが、
実際にやってみると、教材自体は、べつに難しくはないです。

年中でしたが、年長用でもぜんぜん問題なかったです。
40教材のうち、スムーズにできずに、ひとおおり終了後に再度おこなったのは2教材。
どちらも再度おこなったときには、すんなりできました。
・なかよしグループ
・4まいばなし

こどもが喜んでやったのは、
・ひもとおし



キディトレイン、ワタシの個人的な感想になりますが、
よくないところは・・・、
・イラストが下手すぎ。絵が可愛くないし、分かりにくい部分も多い。
・内容が古いところがある。たとえば、カセットテープとか、電車の切符とか、こどもは見たことない。

いいところは・・・、
・親がこどもといっしょにやらないといけない!ところがいいと思う。うちの子は、けっこう喜んでやりました。
・お値段はお手ごろ。(Amazonでは、4教材1360円、40教材9800円ですね)

ワタシのように、各教材1回やるだけの使い方では、
これで知能が開発される!とか、特別な能力が身につく!とかはないと思いました。
できる子はこれくらい軽くできるだろうし、できない子はいくら説明してもできない気がします。

ただ、週に1回30分、こどもといっしょに机に向かっていっしょに教材に取り組む時間は、ワタシはけっこう楽しかったです。
ただプリントやるだけよりも特別な感じがするし、こどもも楽しそうでした。

以上、キディトレインの感想でした。
ページトップ